弁護士に相談する利点

交通事故の被害者が弁護士に相談することによる利点について理解しましょう。まず最大のメリットは、弁護士から適切な助言を受けられることです。被害者は、心身ともに大きなダメージを負っています。この状況ではいったい何をすればよいか、見当もつかず、相談する相手を探すのも一苦労です。
警察が間に入ってくれることを期待しても、実は警察が関わるのは事件かどうかであり、事件性がなければ実況見分で警察の対応は終わりで、仲裁に入ってはくれません。後で症状が出てくることもあり、生活に支障が出る事だってありますし、また、保険会社との交渉が行き詰まったり、治療費を払ってもらえないなど、こじれてから相談するのはもったいないです。

もう一つは損害賠償や慰謝料の増額が期待できることです。

参考サイト〈交通事故の慰謝料無料相談ができる弁護士法人 アディーレ

加害者は事故直後に現場で自分の落ち度だと殊勝な態度で認めていたのに、保険会社が入ると過失割合が大きく示されることがあります。これはできるだけ保険金を低く抑えたいという加害者側の都合です。保険会社は示談の際に自賠責基準という最も低い賠償基準に基づく示談額を提示することが多いようです。そこに弁護士が入ることで、増額を勝ち取ることが期待できます。弁護士報酬を多くもらえるのもありますが、被害者の生活を支えるためにも金銭的な補償を多く勝ち取ることが必須ですから。