弁護士費用について

弁護士への相談の際、ここから先にかかる費用が心配になり、相談を躊躇することもあるかと思いますが、実際は、あとから多額の費用を請求されるような心配はないと思います。弁護士事務所の料金は透明になっており、気軽に相談できるよう配慮が行き届いていますし、料金についての丁寧な説明や、支払い方法についての相談も丁寧です。ほとんどの弁護士事務所は、着手金と成功報酬それに交通費や出張費などの実費がかかります。交通事故の被害の程度によっても費用が違う場合もあり、詳細について説明を聞くことが重要です。そのうえで、真に被害者のために動いてくれるかを見極めましょう。

そこで思い出してほしいのが、被害者が加入している自動車保険です。そこに弁護士費用特約が付帯されていれば、被害者が依頼する弁護士費用を保険金として払ってもらうことができます。これによって被害者は弁護士費用を払う必要がなくなります。詳細は保険会社に問い合わせる必要がありますが、事前相談費用、受任契約後に発生する着手金や報酬、訴訟・仲裁・和解などの費用といった幅広い部分に適用されます。自分が依頼したい弁護士が保険の対象になるかどうかも確認が必要です。今加入している自動車保険に付帯されていないなら、追加で付帯することをお勧めします。